衣桁

着物をかけるハンガーのようなものです。
※片面・両面のものがあります。

紫房

着物の袖などを固定するものです(2つ1組)。
衣桁と必ずセットで使います。
※片面衣桁には1組、両面衣桁には2組必要。

撞木

帯などをかけるものです。
高さで、5尺・4尺・3尺・2尺の種類があります。



3×6(サブロク)、3×5(サンゴー)、3×3(サンサン)など、サイズが多数あります。

畳止め

畳を床に固定します。
床に養生テープなどで貼り付けて使用します。

毛氈

敷物です。
赤、紺、グレーがあります。